20代の頃 結婚して子供が生まれる前に トールペイントと言って ヨーロッパの家具などの装飾技法を学ぶお教室があることを知り 

習い始めます。

 娘と息子が生まれ 13年間結婚生活を送りますが 離婚する事となり 子供と三人で暮らす事になります。

 

離婚後2年ほどで 私は前骨髄急性白血病と診断されます。
その後も 脳動脈瘤の手術をし 抗がん剤とたくさんの内服生活の日々が続きます。

退院後 しばらくは療養生活となり仕事を休んでいたため トールペイントを再開し描き始めます。

 

そのころに目にした曼荼羅アートをみて魅了されました。

 そしてトールペイントの技法を使い曼荼羅を描き始めました。

 

作品が 少しでも多くの方に見て頂けますように。。